家族葬のメリット


家族葬と一口に言いましても、葬儀社の認識により各社で捉え方が違うと思います。ここでは、当社の考える「家族葬」について述べさせて頂きます。

一般的な葬儀の場合、死亡通知は知らぬ間に人から人へと伝わり故人とは関係のない方まで 「お付き合い」 ということで参列されますが、「家族葬」の場合は、故人や家族の想いを第一に考え、呼ぶ方も御自分達で、「この範囲まで連絡しよう。」 というように決める事も出来ます(徹底されるお客様は自ら「家族だけで執り行います」とはじめからお断りされ葬儀時の混乱を防がれています)。こうしたいというご家族の想いを大切にしたお葬式こそ本来の家族葬です。

故人のことを本当に愛した、家族、親族、親しい友人などの参列にて行われるケースが増えています。

故人の好きだったもの 例えば「お花」を沢山使った花祭壇にされ、お別れの際には そのお花を全部お柩にお入れする。また、お酒が好きだった、タバコが好きだった、お饅頭が好きだったと祭壇に飾られたり。演歌が大好きだったとの事で御通夜やご葬儀の時に大好きだった音楽を流される。

これだけは譲れないというもの、例えば「骨壷」は自分で生前に作ったものを使いたい。生きている時より、長く入るだろうから有田焼のいい骨壷にしたいなど・・・オリジナルの品を使用する。

長年、入院していて故人が御自宅に帰る事もなく亡くなったので、火葬場に向かう途中、故人の御自宅周辺を回り、最後に見せてあげたい。その想いを受け止めスケジュールに組み込む

派手なお葬式をするより、こぢんまりとしたお葬式が良い。家族に葬儀代金の負担をかけたくない。お金がない訳ではなく、無駄な葬儀はしたくない。

大切な方が亡くなって、悲しみでいっぱいの御家族になりかわり、その想いを納得できる料金できちんとカタチにして差し上げる・・・・

質の良い、無駄を省いた納得のいく温かいお葬式を基本とし、形式にとらわれずご家族の希望を中心に取り入れた、そのご家族だけのオリジナリティを充分に反映した葬儀。これが」家族葬」ではないかと思います。

微力ながら、精一杯お手伝いさせて頂きます。





リンク元