お仏壇・お墓・納骨堂


お仏壇を購入する時期
一般的に「忌明け」の頃に購入される方が多いようですが、それまでに準備できない場合は、お盆、お彼岸、法要、命日など節目の時期に揃えられるようです。

開眼供養
新しくお仏壇を購入したら、「開眼供養」をします。開眼供養とは、お仏壇に祀る「ご本尊」や、位牌に魂を入れるというもので、この供養が済んではじめて、ご本尊や位牌は宗教上意味を持つものとなり、同時にこれらを祀る仏壇を清めることになります。

お仏壇の選び方
お仏壇には、「唐木仏壇」・「金仏壇」・「家具調仏壇」などがあります。「唐木仏壇」は、桑、くるみ、桜、黒柿などを原料とした仏壇で、』黒檀や紫檀などの堅い材質で作られたものが高級品といわれます。「金仏壇」は、ひのき、杉などが使われ、漆や金箔で装飾されたきらびやかなものです。「家具調仏壇」は、現代的なデザインのお仏壇で、扉を閉めるとタンスや本棚のように見え、洋風の部屋にも良く合います。また、タンスの上などに置く「上置仏壇」もあります。
購入の際は、あらかじめ設置場所の、幅・高さ・奥行きを測りスペースを確認しましょう。せっかく購入してサイズが合わなかったという事がないように気をつけましょう。

相談所では、信頼のおける業者さんと提携いたしております。詳しくは、お気軽にお尋ねください。

パンフレットをご希望の方は、ご郵送いたします。

       電 話  092-833-7005
       メール  info@happy-time.co.jp





リンク元